So-net無料ブログ作成
検索選択
 
 

爪のでこぼこ縦線と横線、病気が原因なのはどっち? [皮膚の病気・紫外線対策・爪の病気]

爪のでこぼこ縦線と横線、病気が原因なのはどっち?

以前、私は爪に溝のような線が
くっきりと入ってしまったことがある。
特に痛みもなく、ぶつけた記憶もない。

この爪にできた線が
実は皮膚炎が原因で起こっていたのです。



Sponsored Links







爪は、その人の健康状態を表しています。
健康な爪はピンク色でつやのある状態。

爪には過去数ヶ月間の健康状態の記録が残っています。
普段なにげなく見ている爪のでこぼこが
病気のサインかもしせまん。

大きく分けて爪のでこぼこは2種類です。

たくさんの縦すじができる「爪の縦線でこぼこ」と
横に波打つような溝ができる「爪の横線でこぼこ」です。

この2種類の爪のでこぼこのうち
病気が原因で起こっているのは
どちらか分かりますか?



Sponsored Links







爪のでこぼこ縦線は、爪裏側の皮膚のシワが原因!?

爪の表面にでこぼこと縦線がたくさんできるのは
老化が原因で起こる症状です。

老化によって爪裏側の皮膚にシワができます。
このシワが密着した爪に影響を与え
シワがよった縦すじの形に
爪の表面に浮き上がってしまうのです。

爪の縦線は病気ではありませんが
美容として治したいという人は爪の表面のケアだけではなく
老化によるお肌のケアも行う必要があると言うことです。



爪のでこぼこ横線は、過去に爪が成長出来なかった跡

爪のでこぼこ縦線と横線、病気が原因なのはどっち?画像.jpg

爪の表面にでこぼこと横に溝ができる状態を
「爪甲横溝(そうこうおうこう)」と言います。

この症状は、爪を作りだす「爪母(そうぼ)」という部分に
何らかの障害が起こり
爪の成長を妨げていることが原因で起こります。

つまり、爪の表面に出来る横線のでこぼこは
その線の部分が発育していた数ヶ月前に
体に何らかの異常があったと言えるのです。



爪のでこぼこ横線から考えられる病気

爪にでこぼこと横向きの溝ができるのは
一時的に爪母に障害があったことが原因で起こる場合がほとんどです。

これは爪がつくられる時期に
体に何らかの異常があったことを示すもので
現在の異常な状態を示すものではありません。
考えられる原因は次のとおりです。

● つめの根元にケガをした。
● マニキュアや薬剤によって爪母を傷つけた。
● 急性熱性疾患
● 尿毒症
● 糖尿病
● ビタミンA欠乏症
● 低カルシウム血症
● 亜鉛欠乏症
● 手の湿疹や皮膚炎
● 円形脱毛症や乾癬


私が爪に横線の溝ができてしまった時は
持病のアトピー性皮膚炎が悪化していた時期で
皮膚炎によって爪母に一時的に障害があったと考えられる。

横線の溝ができたのは
両足の親指に1本ずつ。

今から20年ほど前に
アトピー性皮膚炎の治療に使われる
ステロイド剤の副作用が問題視されていた時期があって
ほとんどの皮膚科で強いステロイド剤を出さなくなっていた。

そのため、薬がほとんど効かないという状態が何年も続き
さらには免疫力が低下していたために
様々な皮膚病にかかってしまったことがある。

現在は新薬のプロトピック軟膏により
症状は安定している。



マニキュア薬剤が爪をでこぼこにしてまうことも・・・

マニキュアを落とす除光液によって
爪の成分が溶けてはがれたり
割れてしまったりすることがあります。

爪の先端がはがれてしまい
白く濁る爪甲剥離症という病気の原因にもなるので
マニキュア薬剤の使用は控えめに。

痛んだ爪のダメージケアができる美容液はこちら
痛んだ爪を補修し、艶と輝きを与える美容液ネイル




◇ まとめ

爪の表面に縦線のでこぼこができるのは
爪の裏側の皮膚の老化により縦シワができて
そのまま爪の表面に浮き上がっていることが原因です。

爪にできる横線のでこぼこは
爪を作り出す時期に爪の発育を抑えるような障害が
体に起きたことを示しているものです。

爪のでこぼこ縦線と横線、病気が原因なのはどっち?」の記事でした。



Sponsored Links









共通テーマ:健康
 
 
健康メモ帳CHECK Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...