So-net無料ブログ作成
検索選択
 
 

マキベリーの効能・効果は?マキベリーパウダーの食べ方や1日の摂取量などを紹介! [食事]

マキベリーの効能・効果は?マキベリーパウダーの食べ方や1日の摂取量などを紹介!


マキベリーには、アサイーの5倍以上
ブルーベリーの14倍のポリフェノールが
含まれていると言われています。
マキベリーはポリフェノールの力で
血液サラサラ効果が期待できる食材だと言われています。



Sponsored Links







血液がドロドロに滞ると
脳卒中や心筋梗塞など
血管の病気を引き起こす原因になります。
さらには、血流が悪くなると
肌荒れや冷え性の原因にもなりです。



マキベリーとは

マキベリーは、南米のチリに自生している
マキの木の実です。
地元では、古くから薬用として重宝されています。

フルーツに含まれるポリフェノールの量は
ブルーベリー<アセロラ<アサイー<マキベリーの順に多い。
なかでもマキベリーに含まれるポリフェノールの含有量は
アサイーの5倍以上なので
比べものにならないほど多く含まれている。

血液は中性脂肪やコレステロール、糖分が多くなると
血流が悪くなります。
これらをなくして血流をスムーズにする効果があると
言われているのがポリフェノールです。



Sponsored Links







ポリフェノールの効果・効能

実は、ポリフェノールの効果・効能は
未だ分かっていないことが多い。

特にポリフェノールがもつと言われている
抗酸化作用については、意見がいろいろあって
はっきりと解明されていない部分も多いと言われています。

たとえば、薬に関しては
血液濃度を測れば、摂取したものが体内にどのくらい残って
どのくらいの時間効果があるのかが分かるのですが
ポリフェノールのように抗酸化効果をもつと言われているものの
体内動態を求める基準が医学的にはっきりしていないのです。
ですから、体内に入ってそのまま出ているのか?
もしくは全く活かされていないのか?
そういうことも含めて、評価の指標が今までなかった。

これまでに明らかになっているのは
ポリフェノール摂取が多い人ほど
心血管系疾患のリスクが低いという調査結果です。

ポリフェノールの血中濃度と吸収率を調査したところ
ほとんど吸収されないという内容の報告もあります。
ただし、ポリフェノールが人体にどのような働きがあるのかは
未だはっきりと解明されていない。



マキベリー1日の摂取量

ポリフェノールが驚異的に含まれているマキベリーですが
1日にどれくらい摂れば良いのか?

マキベリー1日の摂取量は
マキベリーパウダーを1日小さじ1杯程度です。

マキベリーパウダー小さじ1杯分のポリフェノールの量と
同じ量を摂取するには次のようなものを食べる必要がある。
●リンゴ2個分
●トマト3個分
●ほうれん草1束分



マキベリー-効能-効果-マキベリーパウダー-食べ方-1日の摂取量-ベリー画像.jpg



マキベリーを摂ると良い時間帯

血液サラサラになる効能が期待できる
スーパーフード「マキベリー」ですが
効果的に摂取するために良い時間帯があります。

マキベリーを摂ると良い時間帯は
午後3時と言われています。

食事をするとお茶や食べ物などから
ポリフェノールを摂取して
体内のポリフェノールの量が増えます。
ポリフェノールは体内に溜まらないので
約3時間くらいで減っていきます。
午後3時頃から体内のポリフェノールの量は減ってくるので
午後3時にマキベリーを摂ると良い言われています。

1日の中で体内のポリフェノールの量は
午後3時から午後6時までの間が
最も少ないというデータも報告されています。



マキベリー-効能-効果-マキベリーパウダー-食べ方-1日の摂取量-スムージー画像.jpg



マキベリーパウダーの食べ方

マキベリーパウダーは
それほど味の主張が強いわけではないので
食べ方は、いろいろな食品と合わせて摂取することができます。

たとえば、ヨーグルトにマキベリーパウダーをかけて食べたり
豆乳に混ぜて飲んだりすることもできます。
また、ポリフェノールは熱に強いという特徴があります。

ポリフェノールは体内に吸収しにくいというので
たくさん摂取したからといって効果が高まるわけではありません。


マキベリー100mg配合のサプリメントはこちらです。
最高品質を目指すベリーサプリメント【アスタブライト】



マキベリーの効能・効果は?マキベリーパウダーの食べ方や1日の摂取量などを紹介!」の記事でした。



Sponsored Links







関連記事はこちらです。
↓ ↓ ↓

ユーグレナ(ミドリムシ)の効果!便秘解消や中性脂肪減少、ダイエットが期待できる!?

酢玉ねぎ作ってみた!作り方・効果・食べ方を紹介!

味噌の栄養素がすごい!ダイエット効果や健康のための効能を紹介!

生姜の効能・効果は?生姜の効果的な食べ方を紹介!

くるみの効果と1日の摂取量は?(腎臓・血圧・コレステロール・糖尿病)効果的な食べ方を紹介!





共通テーマ:健康
 
 
健康メモ帳CHECK Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...