So-net無料ブログ作成
 
 

心不全の症状!(咳・高血圧・息苦しい・不整脈)若い人でも要注意!原因は生活習慣病! [動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞]

心不全の症状!(咳・高血圧・息苦しい・不整脈)若い人でも要注意!原因は生活習慣病!


一度は聞いたことのある「心不全」という言葉ですが、心不全とは、どのような状態なのか?

理解している人は多くないかもしれません。

心不全は、実は病気そのものの名前ではなりません。

心臓が停止すること思われがちですが、心不全とは、心臓は動いているものの、機能が十分ではない状態のことを言います。



Sponsored Links







心不全のメカニズム

心臓は、握りこぶしほどの大きさの臓器で主に筋肉でできています。

全身に血液を送るポンプの役割を果たしています。

心臓の収縮運動は、1日におよそ10万回の繰り返して、全身に血液を循環させて栄養と酸素を送っています。

しかし、何らかの原因で心臓のポンプ機能が上手く機能しなくなると、血流が悪くなって全身に様々な悪影響を及ぼします。

この状態が心不全で、そのまま放置してしまうと命にかかわります。

心不全が起こる原因については、様々なことが考えられますが、主に心臓の筋肉に傷がついたり、もしくは、心臓を過剰に働かせる病気が原因となって起こります。

心不全の代表的な原因は、高血圧と心筋梗塞です。

特に高血圧は、心筋梗塞を引き起こす原因にもなり、血圧が高いと心臓に負担をかけるので注意が必要です。



Sponsored Links







心不全は、心臓に負担がかかることで引き起こされ、多くの場合は、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病が原因になっています。

心臓の重大な病気として知られる心筋梗塞も心臓の血管が詰まる生活習慣病に分類されます。

現在、日本では、軽い症状の人も含めて心不全の人は100万人から200万人もいると言われています。

その患者数は、増加傾向にあります。

食生活の欧米化や運動不足などで脂質異常や肥満になる人が増えています。

30代や40代の若い人でも心筋梗塞になる人が増加しています。

高齢になるほど、高血圧になる人が増えて心不全を起こしやすくなります。

日々の悪い生活習慣が原因となって起こる心不全は、誰もがなりうる病気です。

心不全とは、いろいろな心臓の病気が悪化して、最後にたどり着いた状態なのです。

命にかかわる状態なので、できるだけ早く見つけて、医療機関で治療することが重要です。



心不全-症状-咳-高血圧-息苦しい-不整脈-若い-原因-心臓画像.jpg



心不全の症状

心不全の症状で最も多いのが、息苦しいなどの呼吸困難です。

初期症状のうちは、体を動かした時に息苦しいと感じる程度ですが、悪化すると、夜中に息苦しいと感じて目が覚めてしまう場合もあります。

また、夜中に咳が止まらないという症状も多くみられます。

心不全の症状は、その他にも次のようなものがあります。

●手足が冷える
●体がだるい
●動悸がする
●急に体重が増える
●足がむくむ

高齢者が心不全になった場合は、食欲がなく元気がないという状態や体がだるいといった症状が起こりやすい。

心不全の代表的な症状の体を動かした時の息切れ・咳も「歳のせいだろう」と思い込んで、なかなか病気に気付かないことも多いと言います。

心不全は、早期発見・早期治療が大切です。

いつもと違うと感じる体調不良がある時は、すぐに医療機関を受診することが重要です。



心不全-症状-咳-高血圧-息苦しい-不整脈-若い-原因-画像.jpg



隠れ心不全

心不全の中には、全く症状がなかったり、気付きにくい、隠れ心不全というタイプがあります。

また、症状があらわれる心不全であっても、多くの場合は、症状を感じまでに長い時間がかかり、その間、病気の進行に気付けないケースも少なくありません。

人間の体は、心臓の機能が低下しても、心拍数を増やしたり、心臓を大きくしたりと様々な補助機能を働かせて正常な状態を保とうとします。

このような状態では、心不全の症状はほとんどあらわれません。

そして、補助機能が働かなくなると、いよいよ破綻をきたして、呼吸困難などの心不全の症状があらわれるようになります。

その状態から不整脈になって命を落とすこともあります。



高血圧に要注意

心臓が過剰に働きすぎて、やがて心不全につながる例としては、高血圧が挙げられます。

高血圧の人の心臓は、いつも強い力で血液を送り出しているため、心臓の筋肉が厚くなり心臓そのものが大きくなります。

心臓が頑張って働いている間は症状があらわれませんが、血圧が高い状態が続くと、やがて心臓はしなやかさを失って硬くなり心不全の症状が突然あらわれます。

心不全にならない、あるいは悪化させないためには、早い段階で心臓に起きている異常を見付けることが重要です。

心臓の健康状態を調べる一般的な方法は、胸のレントゲン撮影や心電図検査、心臓超音波検査などです。

定期的な検査を行い病気の早期発見に役立てましょう。

 
血圧が気になる方には、わかめペプチド・サプリメントをお勧めします。
気になる高めの血圧に、理研ビタミン わかめペプチド粒タイプ




心不全の症状!(咳・高血圧・息苦しい・不整脈)若い人でも要注意!原因は生活習慣病!」の記事でした。



Sponsored Links







おすすめの記事



頭がくらくらする原因は?(吐き気・頭痛・ストレス・貧血)春夏秋冬、季節によってめまいが起こる症状とは?

ろれつが回らない原因は?(病気・ストレス・薬の副作用・自律神経・頭痛)急にろれつが回らない症状は倒れる危険性も!?

咳が止まらないのに熱はない原因は?(夜になると・薬を飲んでも・風邪の後・ストレス)大人/子供病院は何科を受診?

足がだるい!むくみの原因は?(病気・生理前・夜になると・糖尿病・腰痛)足がだるい時の対処法を紹介!

酢玉ねぎ作ってみた!作り方・効果・食べ方を紹介!





共通テーマ:健康
 
 
健康メモ帳CHECK Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...