So-net無料ブログ作成
 
 

痛風の症状!(足・親指・足首・かかと・小指・薬指・膝)痛風の食事でダメな食べ物一覧を紹介! [手足の痛み・シビレ・むくみ・臭い]

痛風の症状!(足・親指・足首・かかと・小指・薬指・膝)痛風の食事でダメな食べ物一覧を紹介!


「お金持ちがなる贅沢病」「風が吹いただけで痛む病気」などと言われる痛風。

この病気にかかる人は年々増え続け、現在では、推定80~90万人の痛風患者がいると言われています。

さらに30代以上の男性のおよそ3割が痛風予備軍であるとも言われています。

痛風の患者数は、食生活の欧米化に伴い増え続けてきました。

そして、今では誰もがかかる可能性のある生活習慣病であると言われています。

今回の記事では、痛風とはどんな病気で、どんな治療を行うのか?

痛風の症状など、この病気の様々な情報を紹介します。



Sponsored Links







痛風の症状を放置してしまうと・・・

痛風の症状の特徴は、突然、なんの前触れもなく起こる激痛の発作です。

その痛みは足の親指にあらわれることが多く、その他には、足首、かかと、希に手や膝にあわれることもあります。

足の指は親指の付け根にあらわれることが多いですが、小指や薬指などにも痛風の症状がでる場合もあります。

痛風の症状による突然の激痛は、その痛みが直接的に生命を脅かす病であるというわけではありません。

しかし、この病気の背景には、高尿酸血症という尿酸値が高い状態があるので、この状態を放置してしまうと、隠れている他の病が表にあわれてくる可能性があります。

けして足の親指の痛みといった痛風の症状で、命を落とすことはありませんけども、心臓病や脳の病気などを引き起こす原因になるのです。

このようなことから言えば非常に怖い病気であると言えます。

痛風の症状は、突然の激痛に襲われるまでは、自覚症状がほとんどないため、病気が進行していても見逃しがちになってしまう。

さらに、しっかりと治療を行わないと、痛風の発作を何回も繰り返したり、悪化する尿酸の塊が皮膚にコブのようにできたり、そのコブが骨に浸食していくという恐れもあります。

足の親指に大きな尿酸のコブができてしまうこともあります。



Sponsored Links







なぜ痛風は起こるのか?

痛風のカギを握るのは、血液中にある尿酸です。

誰でも尿酸はもっているものなのですけど、それが溢れ出た状態が高尿酸結晶です。

この状態が原因で痛風を引き起こします。

高尿酸結晶には2つのタイプがあり、1つ目は、腎臓からの排泄が悪いタイプ「排泄低下型」と2つ目は、体内で作られる尿酸が多いタイプ「産生過剰型」があります。

痛風は、関節炎の一種で、関節に炎症が起こる病気です。

溶けきれなくなった尿酸が結晶化して、関節に溜まることで痛みが生じます。

この結晶を外に出そうとして体が反応することで発作が起こるのです。

痛風の症状は関節であれば全身のどこにでも起こりますが、特に多いのが足の親指の付け根や足首です。

足の症状で言えば、その他にも、足の小指や薬指、かかと、膝などに痛みが生じる場合もあります。



痛風の症状

痛風は激しい痛みが生じる病気ですが、その痛みはすぐに起こるわけではなく、最初は、足の親指や足首など、痛み出す場所がムズムズするなど違和感を感じます。

その後、強い痛みや赤く腫れ上がるなど激痛が起こります。

痛風の症状は、このような前兆が起こってから24時間以内に痛みが絶頂になると言われています。

また、痛風の症状は、夜中から朝にかけてあらわれることが多い。

痛風の主な症状
●強い痛み
●患部がてかてかと光り赤くなる
●熱を持つ
●腫れ上がる

患部の激痛だけでなくその部分がてかてかと光って赤くなり腫れ上がるという特徴もあります。

足の親指や薬指、小指、かかとなど痛めた場合は、足を地面につくと激痛がはしったり、足が痛くて靴が履けないという状態が起こります。



痛風の症状-足-親指-足首-かかと-小指-薬指-膝-痛風-食事-ダメ-一覧-画像.jpg



痛風の症状が起きやすい状況とは?

尿酸が急に増減した時に痛風の発作は起きやすくなります。

尿酸が急に増える状況は、尿酸のもとであるプリン体を含む食べ物を食べた時やアルコール摂取を行った時などが挙げられます。

尿酸が急に下がる状況は、治療で尿酸値を下げる薬を服用した時などが挙がられます。

薬を服用する時は、急激に尿酸が減少しないように注意する必要があります。

その他にも、きつい靴を履いて長時間歩くなど足に負担がかかった時や激しい運動などで大量の汗をかいた時、または、忙しい仕事が続いたり、精神的なストレスを感じている時など、このような状況でも痛風の症状は起こりやすいと言われています。



痛風の治療

痛風の症状のほとんどは、数日安静にすると消えることが多いですが、その背景にある高尿酸血症を正しく治療しないと、痛風の発作を繰り返す恐れがあります。

さらに不摂生が続くと心臓病や脳の病気を引き起こす原因にもなります。

痛風の症状は、なんといっても耐え難い痛みですので、この病気の治療は、まずは痛みを抑えることから始めます。

そのためには、痛み止めの薬を服用する場合が多い。

そして、完全に痛みが治まったところで、尿酸値を下げる薬を服用するようになります。

薬には大きく分けて2種類あり、溜まり過ぎた尿酸の排泄を促進するものと尿酸の産生を抑制するものがあります。

この薬を服用する時に注意しなくてはならないのが、痛風の発作は、尿酸値が下がる時にも起こるということですので、服用する薬の量に気をつけて尿酸値をゆっくり下げることが重要です。



プリン体とは?

プリン体とは、尿酸の原料になる物質です。

食べ物から摂取するものと体内で合成されるものがあります。

実は、食事から摂るプリン体の量よりも体内で合成される量の方が多いですが、プリン体を含む食べ物・飲み物による過剰摂取は注意が必要です。



痛風の症状-足-親指-足首-かかと-小指-薬指-膝-痛風-食事-ダメ-一覧-スルメ画像.jpg



≪痛風の食事でダメな食べ物一覧≫

●レバーなどの内臓類
●魚の干物
●マイワシ
●タイショウエビ
●果糖を多く含む果物
●甘い清涼飲料水
●アルコール

プリン体は、マイワシやタイショウエビなどの魚介類に多く含まれています。

レバーなどの内臓類にも多く含まれているので焼き肉のホルモンをたくさん食べるのは控えましょう。

アルコールを体内で分解する時に尿酸が作られるので過剰摂取は要注意です。


痛風の症状を放置すると発作を繰り返す恐れがあります。

自覚症状がある場合は、早めに病院で診てもらうようにしましょう。

 
健康数値に気になる方には、こちらのサプリメントをお勧めします。
健康数値栄養補助食品アンセリン配合/PN-0(ピーエヌゼロ)



痛風の症状!(足・親指・足首・かかと・小指・薬指・膝)痛風の食事でダメな食べ物一覧を紹介!」の記事でした。



Sponsored Links







おすすめの記事



足の指が痛い!(親指・人差し指・中指・薬指・小指)腫れや付け根が痛い原因とは?

尿路結石の原因は?(食事・ストレス・薬・女性)突然の痛みを伴う症状について紹介!

足がだるい!むくみの原因は?(病気・生理前・夜になると・糖尿病・腰痛)足がだるい時の対処法を紹介!

背中の痛み!(左側・中央・右側・ストレス・吐き気)背中から肩甲骨の下に鈍痛!原因となる病気とは?

肝臓の病気!(初期症状・痒み・臭い・下痢)血液検査でγ-GTP数値が基準値以下でも病気の可能性がある!?





共通テーマ:健康
 
 
健康メモ帳CHECK Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...