So-net無料ブログ作成
 
 

代謝を上げる方法!40代・50代におすすめ代謝を上げる食べ物の食べ方を紹介! [健康ダイエット]

代謝を上げる方法!40代・50代におすすめ代謝を上げる食べ物の食べ方を紹介!


40代、50代と年齢を重ねるごとに気になるのが体重の増加です。

脂肪はついてほしくない体の部分につく・・・

下腹とか二の腕とか。嫌になります。

脂肪をつきにくくするためには代謝を上げることが重要です。

実は、特に運動しなくても食べるだけで代謝は行われています。

今回の記事では、そのエネルギー消費を利用した代謝を上げる方法を紹介します。



Sponsored Links







食べることで代謝を上げる方法

実は、代謝は食事をすることで上げることができます。

「DIT」といって食べるだけでエネルギーを使っています。

DITとは、Diet Induced Thermogenesisの略で直訳すると「食事誘発性熱産生」という意味です。

人間の体は食べ物や飲み物を摂取すると、体内に取り込まれた食べたものは、胃や腸などの消化器官で細かく分解されます。

この時、消化器官が活発に動き食べ物を消化すること自体で、おおくのエネルギーが消費されるのです。

このエネルギー消費がDITなのです。

熱い食べ物や辛い食べ物を食べると汗をかきます。

よくあるこの現象は、まさにDITによりエネルギーが消費されている証拠なのです。

つまりDITをアップさせることが代謝を上げる方法というわけです。

食べることで代謝を上げる方法のポイントは、次のの2つです。

●よく噛んで食べる。
●肉、卵、チーズなどタンパク質を中心の食事で、炭水化物は控える。




Sponsored Links







●よく噛んで食べる。

食べ物を食べる時は、1口につき30回噛むことを目安にすると良い。

噛むことによって唾液が分泌されたり、その消化の後の胃液を分泌を促したりします。

そのため噛むことで代謝が上がります。

唾液や胃液などの消化液を作ることでもエネルギーは消費されています。

たくさん噛むと多くの消化液が作られるのでDITが高まるのです。

また、噛む回数が多いと満腹感を得るのが早い。

食べ過ぎが気になる方は、まずはよく噛んで食べることから始めると、ダイエットの効果もアップすると言えます。



代謝を上げる方法-40代-50代-食べ物-食べ方-ダイエット画像.jpg



●肉、卵、チーズなどタンパク質を中心の食事で
炭水化物を控える。

タンパク質を中心に食事をすると、自然に炭水化物の摂取量が減ります。

実は、食べ物の種類によって代謝の量が決まっているのです。

タンパク質は、食べたカロリーの約30%は消費されます。

ところが、炭水化物は、たった約6%しか消費されません。

エネルギー消費に5倍の差があるのです。

タンパク質を食べると炭水化物の5倍もエネルギーを使うことになります。

ですから、タンパク質を食べて炭水化物を減らすことが、代謝を上げる方法と言えます。

DITは、食べ物の栄養素によって消費するエネルギー量が変わります。

米やパンなど炭水化物に含まる糖質の場合、摂取したカロリーの約6%しかDITでは消費されません。

一方、タンパク質の場合は、摂取したカロリーの約30%も消化活動により消費されるのです。

しかも、肉、卵、チーズは、タンパク質だけではなく、筋肉を作るために必要なミネラルや脂質も豊富に含まれているため、代謝を上げるには適した食べ物なのです。

筋肉がつくとさらに基礎代謝が上がるので、ますます代謝がアップして痩せやすい体質になります。

タンパク質を中心にすると代謝が上がりますが、栄養が偏り過ぎないように野菜や炭水化物もほどよく摂りバランスの良い食事を心掛けましょう。

 
代謝アップでしなやか美ボディメイク!
女性専用プロテインはこちらです。
代謝UPで美ボディメイク ジェシカズ・フォーミュラ




代謝を上げる方法-40代-50代-食べ物-食べ方-肉画像.jpg



代謝を上げることは健康にも良い

①よく噛んで食べる。
②肉、卵、チーズなどタンパク質を中心の食事で炭水化物を控える。

これらの2つのポイントを気を付けて代謝を上げる方法を実践すると、次のような健康効果も期待できます。

●高血圧予防・改善
●糖尿病予防・改善
●脂質異常予防・改善
●痛風予防・改善



基礎代謝は年齢を重ねるごとに低下する

1日の総消費エネルギーの内訳は次のとおりです。

基礎代謝・・・約70%
生活活動代謝量・・・約20%
DIT(食事誘発性熱産生)・・・約10%

主なエネルギー消費は基礎代謝ですが、基礎代謝は年齢によって変化するもので、男性は15歳、女性は12歳をピークに年々下がっていきます。

20代から30代の間で男性は平均体重が5㎏増えて女性は3㎏増えていきます。

その後、40代、50代と年齢を重ねるたびに、基礎代謝が下がって脂肪のつきやすい体質に変わっていきます。

40代の脂肪の量を18歳の時と比べると、平均的に男性は約7㎏増えて、女性は約6㎏増えます。

DITの割合がわずか10%ですが、今回紹介した食べることで代謝を上げる方法は、「よく噛んで食べる」「肉、卵、チーズなどタンパク質を中心の食事で炭水化物を控える」という極端な食事制限を行わずにしっかり食べてダイエットする方法なので無理なく健康に痩せることが期待できます。


実際に私も朝食でタンパク質を摂るというダイエット方法を実践しています。

「朝食でタンパク質を摂取する」というのがポイントなのです。

その内容も記事に書いているので是非ご覧ください。

朝食ダイエット!炭水化物(糖質)・タンパク質・脂質など食事制限の危険性について紹介!


代謝を上げる方法!40代・50代におすすめ代謝を上げる食べ物の食べ方を紹介!」の記事でした。



Sponsored Links







おすすめの記事



梅干しの効果・効能は?ダイエットに良いけど食べ過ぎには要注意!

炭水化物と糖質の違いとは?ダイエット中に知っておきたい1日の必要摂取量を紹介!

水は1日何リットル飲むのが良い?摂取量2リットルとはかぎらない!

味噌の栄養素がすごい!ダイエット効果や健康のための効能を紹介!

プリン体の多い食品・少ない食品一覧!注意すべきは焼き肉ホルモン!





共通テーマ:美容
 
 
健康メモ帳CHECK Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...