So-net無料ブログ作成
 
 

スマホ依存症の影響は?チェック方法や治し方・予防対策を紹介! [肩こり・首こり・腰痛・関節痛]

スマホ依存症の影響は?チェック方法や治し方・予防対策を紹介!


スマートフォンの普及により、スマホの使い過ぎによって日常生活に支障をきたす、スマホ依存症の患者が増えていると言われています。

今回の記事では、スマホ依存症が及ぼす悪影響やチェックリスト、治し方、予防対策などを紹介します。



Sponsored Links







スマホ依存症になる若者が増えている・・・

20代の日本人がスマートフォンを利用している割合は94.1%、近年、スマートフォンの使い過ぎで、日常生活に支障をきたす人が増えていると言われています。

病院によってはネット依存症やスマホ依存症の専門外来あるところもあります。

パソコンでもスマートフォンでも使い過ぎにより何らかの問題ができている場合は、治療が必要なこともあります。

患者のなかには、スマートフォンの使い過ぎで生活リズムが崩れ、夜型の生活を続けた結果、運動不足や食生活が原因で肺機能が著しく低下したというケースもあります。

実は、ネット依存症やスマホ依存症は、まだ病気として認められていない部分も多いため、睡眠がとれない、学校の勉強や仕事に集中できないなど、日常生活に支障がでてしまった患者を病院では治療しています。

スマホ依存症の治療は、医師によるカウンセリングが主な方法です。

たとえば、患者の症状に合わせて医師から課題が出されます。

夜12時から朝6時は睡眠をとるだとか、休みの日はスマートフォンを使わないといった治し方です。

大切なことは患者に合った課題を決めて、少しずつスマートフォンから遠ざけていくことです。



Sponsored Links







スマホ依存症の治療を急いでスマホを強引に取り上げてしまうことは良いことではない。

強引にスマホやWi-Fi(ネット環境)を取り上げてしまうと、スマホ依存症の治療に良いではないか?と考える方もいるかもしれませんが、突然、スマホを取り上げられた患者は、意欲がなくなって何もしたくなくなる精神的な影響がほとんどの患者に見られると言います。

ネットの環境を失うことで楽しみや目標をなくし、日常生活ができなくなることもあるのです。

スマホ依存症の治し方は、スマートフォンから自分の生活を切り離すことが重要になってきます。

スマホ依存症の治療でも行わることですが、1つの方法として、定期的に運動をすることが、治療だけでなく再発を予防することにも繋がると考えられています。

ジョギングなどの運動をしている時は、もちろんスマホを使うことはできません。

それ加えて、適度な運動は不眠や体力低下などのケアに役立ちます。

急にスマホを取り上げるのではなく、少しずつスマホを使用する時間を減らしていくことが大切です。

予防としては、スマホをガラケーにすることも有効な手段として挙げられます。

スマホ依存症の疑いがある場合は、医師の診断を受けることをお勧めします。



スマホ依存症-影響-チェック-治し方-予防-対策-画像.jpg



スマホ依存度チェックテスト

□ 自分がスマホを使うことに心を奪われていると感じる。

□ スマホを使う時間をどんどん長くしていかないと満足できない。

□ スマホを使うのを我慢するとイライラしたり機嫌が悪くなったり、気分が落ち込むことがある。

□ 自分で考えていたより長い時間スマホを使用してしまうことがある。

□ スマホに夢中で大切な人間関係や仕事、勉強などをおろそかすることがある。

□ スマホの使用制限または完全に止めようと試みたことがあるがうまくいかなかったことが何度もある。

□ スマホに熱中し過ぎている状態を家族や友人に対して隠したことがある。

□ 嫌な気分から解放する方法としてスマホを使う。

上記のチェック項目のうち5つ以上に該当するとスマホ依存症の疑いがあります。

ゲーム依存やパソコン依存は部屋にひきこもることが多いですが、スマホ依存症の場合は、スマートフォンがいつでも持ち歩けるため本人も家族も依存に気付きにくいと言えます。



スマホ依存症-影響-チェック-治し方-予防-対策-パソコン&スマホ画像.jpg



スマホ依存症の影響



体力低下

ネット依存症やスマホ依存症の専門外来では、まず体力がどのくらい落ちているのか把握するため、握力や反復横跳び、持久力などの体力測定を行うことがあります。

肺機能が低下している患者も少なくない。

スマホ依存症の治し方では、軽いランニングなどの適度な運動を行うこともあります。



眼精疲労・視力低下

スマホの文字はどうしても小さくなってしまうものです。

小さい文字を拡大して読むこともできますが、長時間見続けると眼精疲労の原因になります。

また、スマホの過度な使用は目に悪影響を及ぼすこともあり、視力低下に繋がる場合もあります。

長時間の使用は控えて、目を休める時間をつくることが必要です。



不眠症

スマホの画面に使われるブルーライトという光は、波長が太陽の光に近いため、朝日を浴びている時のように脳が目覚めてしまいます。

そのため夜になかなか眠ることができずに、不眠症を引き起こす場合があります。

スマホ依存症は、ブルーライトの影響によって、生活のリズムが乱れることが発症の原因の1つと考えられています。



肩こり・頭痛

スマホ依存症の患者は、長時間スマートフォンを使うことで、前かがみの悪い姿勢を続けることになります。

この姿勢によって肩や首の筋肉が緊張して慢性的な血行不良が起こります。

その結果、血行不良が原因で肩こりや頭痛を引き起こす場合があります。

また、長時間うつむいた悪い姿勢でスマホを使うと、「ストレートネック」と呼ばれる首の骨が真っ直ぐになってしまう疾患があらわれます。

首の骨は、本体、30度ほどの自然なカーブを描いています。

このカーブによって頭部の重みを分散しているのです。

しかし、ストレートネックになってしますと、首の骨が真っ直ぐの状態のため、頭部の重みを分散できずに首や肩の筋肉に負担がかかってしまいます。

そのため、慢性的な肩こりや頭痛に悩まされることになるのです。

 
寝ている間にケアするストレートネック対策枕はこちらです。
↓ ↓ ↓

女子専用ストレートネック枕



男性用ストレートネック枕



スマホ依存症の影響は?チェック方法や治し方・予防対策を紹介!」の記事でした。



Sponsored Links







おすすめの記事



ストレートネックが及ぼす症状は頭痛やめまいだけじゃない!

肩こりがひどい時は病気のサイン?右肩こり・左肩こりがひどい場合の原因とは?

首の痛み!(後ろ・左・右・寝違え・リンパ・頭痛・吐き気)上を向くと首が痛い原因とは?

簡単ストレス解消法!(音楽・泣く・アロマ・食事)仕事のストレスは溜め込まない!

異常な眠気の原因は?(自律神経・ストレス・生理前・糖尿病・貧血)病気による眠気の症状を紹介!





共通テーマ:健康
 
 
健康メモ帳CHECK Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...