So-net無料ブログ作成
検索選択
 
 

炭水化物と糖質の違いとは?ダイエット中に知っておきたい1日の必要摂取量を紹介! [健康ダイエット]

炭水化物と糖質の違いとは?ダイエット中に知っておきたい1日の必要摂取量を紹介!


最近、下腹ポッコリが気になりだした私・・・
おヘソの下あたりだけにお肉がつくのです。
体重も5キロほど増えてしまい。
ダイエットしなくてはと焦っています。



Sponsored Links







でも、最近の生活習慣を思い返すと
特に食事の量が増えたわけでもなく
運動量も特に変わらないのに
なぜ、太ったのか!?

そんな疑問があって
あれこれ考えながら今回の記事を書いています。

結論から言うと
私の場合は、アルコール摂取が原因で
太ってしまったと考えられます。

もちろんアルコール摂取することだけでも
カロリーがあるし、種類によっては糖質もあります。
ですが、カロリーの問題よりも
もっと重要な太る原因があるのです。



Sponsored Links







肝機能の低下が太る原因

私たちの体は、食事で摂取した栄養素を
そのまま状態では吸収することができません。
食べ物は胃で消化されて
栄養素は小腸から肝臓へ移動し
肝臓で体に吸収できるような形に分解・合成されることで
はじめてエネルギーとして使えるようになるのです。

このように栄養素を体が利用しやすい形に
分解・合成する仕組みを代謝といいます。

つまりこの代謝を妨げるのが
アルコール摂取というわけです。

アルコールを摂取すると
肝臓がアルコールを分解する作業に忙しくなり
その他の栄養素を分解・合成する作業が
後回しになっている状態です。
その結果、栄養は体が利用しやすい形に
分解・合成できないまま蓄積されるので
太る原因になるのです。

この場合、毎日食べる食事の量が同じでも
太っていくことになります。
アルコール摂取は控えた方がよい。



炭水化物と糖質の違い-ダイエット-1日-必要摂取量-女性画像.jpg



脂肪になりやすい栄養素とは?

脂肪になりやすい栄養素として挙げられるが
「糖質」と「脂質」です。

余分な糖質と脂質は
中性脂肪として体内に蓄積されて
必要な時に分解されてエネルギーとして使われます。

それとは反対に
脂肪にならない栄養素は
「タンパク質」や「ミネラル」「ビタミン」などです。
つまり、ダイエット中は
これらの栄養素を上手く摂取することが重要です。

ただし、タンパク質の過剰摂取は
肝臓に負担がかかるので注意が必要です。
肉類や乳製品などの動物性タンパク質よりも
大豆や豆腐などの植物性タンパク質の方が
肝臓の負担は少なくなります。



炭水化物と糖質の違い-ダイエット-1日-必要摂取量-ご飯画像.jpg



炭水化物と糖質の違いとは?

「炭水化物」と「糖質」は
似たような使われ方をすることが多く
とても分かりにくいものです。

市販の食品などで栄養成分の表示がありますが
炭水化物と糖質が一緒に記載されていることはありません。

炭水化物は、糖質と食物繊維で構成されたものなのです。

炭水化物=糖質+食物繊維

つまり炭水化物と糖質の違いは
炭水化物を糖質と表示する時には
食物繊維も記載する必要があるのです。



炭水化物(糖質)と脂質の1日の必要摂取量

炭水化物(糖質)と脂質は
脂肪になりやすい栄養素ですが
体を健康に保つために必要不可欠なものです。

炭水化物は、心と脳にとって重要な栄養素で
炭水化物が不足する
集中力が低下してイライラするようになります。

脂質も脳を正常に機能させるために大切な栄養素です。
また、食事の消化・吸収に役立ったり
臓器や骨を守ったりと体にとって重要な役割を担っています。



<1日に必要な炭水化物(糖質)の摂取量>

90~100g程度

ご飯の量は、お茶碗で8分目くらいの量を2杯くらいです。



<1日に必要な脂質の摂取量>

50g程度

1日50g程度はあくまで目安の数値です。
総エネルギーの20~25%が理想です。

脂質を摂取する時は
量だけでなく質も考える必要があります。
肉類やバターなどの動物性脂肪は
悪玉コレステロールや中性脂肪の原因になります。

菜種油や青魚に含まれる油は
不飽和脂肪酸と呼ばれ
悪玉コレステロールを減らす効果が期待できます。

炭水化物が溶ける!
代謝を助ける酵素サプリメントはこちらです。
スルスルこうそですっきりな体へ



炭水化物と糖質の違いとは?ダイエット中に知っておきたい1日の必要摂取量を紹介!」の記事でした。



Sponsored Links







関連記事はこちらです。
↓ ↓ ↓

水は1日何リットル飲むのが良い?摂取量2リットルとはかぎらない!

ゆで卵の賞味期限は?(冷蔵庫・常温・半熟ゆで卵・味付け卵)卵は完全栄養食!ゆで卵ダイエットには固ゆでが最適!

くるみの効果と1日の摂取量は?(腎臓・血圧・コレステロール・糖尿病)効果的な食べ方を紹介!

レモンはちみつ漬けの効果は?(作り方・ドリンク・日持ち)レモンの搾り汁よりも皮にビタミンCが豊富!

コーヒーの効果!(インスタント・肌・がん・偏頭痛)コーヒーの効果的な飲み方とは?




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
 
 
健康メモ帳CHECK Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...