So-net無料ブログ作成
 
 

口が渇く原因は?(病気・糖尿病・生理前・寝起き・ストレス・うつ病)ドライマウス対策を紹介! [歯や歯茎の病気・口腔ケア・顎の痛み]

口が渇く原因は?(病気・糖尿病・生理前・寝起き・ストレス・うつ病)ドライマウス対策を紹介!

朝、起きると口がカラカラに渇いている・・・

唾液がネバネバして気持ち悪い・・・

あなたにこんな経験ありませんか?

唾液には口の乾燥を防ぐだけでなく、細菌から体を守る働きもあります。

今回の記事では、口が渇く原因とドライマウスの対策方法を紹介します。



Sponsored Links







病気が原因

●糖尿病

糖尿病患者は、インスリンが不足し、血中のブドウ糖が多いため、血液はドロドロになります。

そのため細胞から不足した水分を補給するので、体内から水分が多く奪われ口が渇きやすくなります。



●脳血管障害

脳出血や脳梗塞など脳血管障害があると、口の周りの筋肉が麻痺してくるので、唾液の分泌量が減ってしまうことがあります。



●腎不全

慢性的な腎不全になると、人工透析が必要になり、これによって、体内の水分が失われしまう場合あるので口が渇きやすくなる。



●シェーグレン症候群

シェーグレン症候群とは、目の乾きと唾液の分泌量低下する免疫疾患です。

中高年の女性に多く見られ病気です。

関節炎が発症することもあり、骨変形、関節破壊など重症病変になることもある。



Sponsored Links







生理前が原因

生理の約2週間前から起こる体の不調を月経前症候群(PMS)と言います。

口が渇くだけでなく、手足のむくみ、冷え、肌荒れ、めまい、頭痛など、ホルモンのアンバランスが原因で様々な症状が現れます。

月経の前は、黄体ホルモンの血中濃度がピークになることで、体内のあらゆる組織にむくみを生じる。

腹部がむくめば、腰痛や便秘が生じ。

脳組織がむくめば、頭痛やめまいが生じる。

口が渇くことも唾液の分泌が減っているためですが、月経がはじまることで、黄体ホルモンの血中濃度が安定すればたいていは改善します。



口が渇く 原因 病気 糖尿病 生理前 寝起き ストレス うつ病 ドライマウス 対策 唾液腺画像.jpg



ストレスが原因

過度なストレスやうつ病によって、自律神経のバランスが崩れると、唾液の分泌量がコントロールできなくなり口が渇きやすくなる。

唾液が分泌される唾液腺は主に3種類あります。

「耳下腺」・・・サラサラ
「顎下腺」・・・サラサラとネバネバの混合腺
「舌下腺」・・・ネバネバ

サラサラの唾液が分泌されやすい状態は、副交換神経が優位になりリラックスしている時です。

それとは逆に、イライラしたり緊張している時は、交感神経が優位になり、ネバネバ唾液が分泌されやすくなる。

自律神経のバランスを整えるには、しっかりとした睡眠をとることです。

しかし、過度なストレスを抱えている人は、不眠を伴う場合も多い。



寝起きに口が渇く原因


●口呼吸が原因

睡眠中の呼吸が口呼吸の場合、口も喉も乾燥してしまいます。

乾燥した口内は細菌が繁殖しやすくなり、その結果、朝起きた時に口臭や口が渇きネバネバした状態になる。

そもそも鼻呼吸が正しい呼吸法です。

鼻の穴の奥にある鼻粘膜には、細かい繊毛がたくさん生えていて、ここで外からの異物を排除している。



●食事が原因

夕食に塩分の多いものを食べると、体内の水分が奪われてしまい、口も喉も乾燥しやすくなる。

また、アルコールを摂取すると、体の中でアルコールを分解するために、多くの水分が消費される。

そのため、翌朝起きると、口が渇きやすくなる。

 
朝起きた時に口の中がネバつく方には、こちらがオススメです。
歯周病菌をスッキリ殺菌!プロポリス配合!薬用液体ハミガキ【プロポデンタルリンス】




口が渇く-原因-病気-糖尿病-生理前-寝起き-ストレス-うつ病-ドライマウス-対策-口臭画像.jpg



ドライマウスが引き起こす病気

唾液には口内を洗浄する作用があるため、ドライマウスにになると細菌に対する抵抗力が低下し、虫歯や歯周病になるリスクが高くなる。

また、唾液の働きが弱くなれば、口から入った細菌が肺にまで達し、誤嚥性肺炎などの全身疾患になる場合もあります。

その他にも、食べ物が上手く飲み込めなくなったり、口内に細菌が繁殖することで、口臭が酷くなったり、口の中が荒れやすくなって、舌に痛みが生じるなど様々な合併症を引き起こす場合があります。



ドライマウス対策



●よく噛む

よく噛んで食べることで、唾液の分泌を促すことが大切です。

1口30回噛むことを目安に、毎日の食事を意識的に噛むようにしましょう。

また、ガムを噛むことも、唾液の分泌を増やすのに効果的です。

リカルデントやキシリトール配合のガムがおすすめ。



●唾液腺マッサージ

口が渇く原因は、唾液が出にくくなっている場合があります。

サラサラの唾液を分泌しているのは、耳たぶの下にある「耳下腺」です。

耳たぶの下を指で円を描くようにマッサージします。

唾液腺を刺激することで、唾液が出やすくなります。



●生活習慣を整える

不規則な生活は、自律神経やホルモンのバランスを乱す原因になります。

暴飲暴食を止めて、しっかり睡眠をとることが大切です。

唾液はリラックスすることで、副交感神経が優位になり分泌されやすくなります。

加湿器をつかって室内を乾燥を防ぐことも効果的です。

また、口呼吸をしている人は、日頃から鼻呼吸をするように心掛けると良いでしょう。

睡眠中はマスクをすると口が渇きにくくなります。


口が渇く原因は?(病気・糖尿病・生理前・寝起き・ストレス・うつ病)ドライマウス対策を紹介!」の記事でした。



Sponsored Links







おすすめの記事



簡単ストレス解消法!(音楽・泣く・アロマ・食事)仕事のストレスは溜め込まない!

ストレスホルモン「コルチゾール」が及ぼす脳への悪影響とは?

正しい呼吸法の効果とは?呼吸と健康の関係について紹介!

副腎疲労症候群(アドレナルファテーグ)の症状と原因は?食事で注意したいことは?

咳が止まらないのに熱はない原因は?(夜になると・薬を飲んでも・風邪の後・ストレス)大人/子供病院は何科を受診?




 
 
健康メモ帳CHECK Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...